2019年02月04日

「CrazyTalk Animator 3 Pipeline」73%OFFの7980円 本格的なアニメーションを簡単に作れるソフト 素材サンプル特典付


当選の特別価格はこちらから ソースネクスト「CrazyTalk Animator 3 Pipeline」73%OFFの7980円
CrazyTalk Animator 3 Proの上位版Pipeline

これ1本で本格アニメが作れる
CrazyTalk Animator 3-1
「CrazyTalk Animator 3」は、本格的なアニメーションを簡単に作れるソフト「CrazyTalk Animator」シリーズの最新版です。

キャラクターを動かす
CrazyTalk Animator 3-2
「楽しい」「悲しい」などの表情のテンプレートを使って、キャラクターにいきいきとした表情をつけられます。

CrazyTalk Animator 3-3
キャラクターに音声をつけると、言葉に合わせて自動的に口を動かせます。

絵が描けなくても2Dキャラクター作成
CrazyTalk Animator 3-4
人から、犬や馬などの動物まで、2Dキャラクターのテンプレートを豊富に収録。絵が描けなくても、簡単にキャラクターを作れます。サングラスや帽子などのアクセサリーのテンプレートも豊富です。

その他編集機能
CrazyTalk Animator 3-5
ボーンリギングのカスタマイズやキーフレームアニメーションの手間を省くために、顔とボディの完全なリグを持ったキャラクターテンプレートを提供しています。これらのボーン構造を活用し、さまざまなアニメモーションのライブラリを楽しめます。

あらゆるデザインの広範なモーションライブラリ
モーションをドラッグして適用するだけ、キャラクターをアニメ化できます。

モーションライブラリ
CrazyTalk Animator 3-6
人体モーションライブラリ

CrazyTalk Animator 3-7
犬、猫、馬のモーションライブラリ

多次元のG2キャラクター
CrazyTalk Animator 3-8
G2 キャラクターは最大10アングルを持つことが可能で、フラットな 2D モーションだけでなく、3D 次元に基づく動作ができます。

一次元のG1キャラクター
簡単に構築可能で、2つのアングル - 正面および側面(0、315度) にのみ動かせます。

キャラクター用モーションエディター
CrazyTalk Animator 3-9
ポーズキーをモーションカーブと組み合わせることにより、プロフェッショナルなアニメ動画が素早く数秒で作成できます。

モーション編集
CrazyTalk Animator 3-10
3D モーションキーエディタを使用すれば、三次元空間内で回転などの動作を操作できます。

弾性モーション効果の作成
CrazyTalk Animator 3-11
FFD(Free Form Deformation)、モーションカーブ、透明度レベルのパラメータ値を自由に調整しながら組み合わせることによって、あなた独自のダイナミックな動作を得られます。

プロップ&SFX リンク
CrazyTalk Animator 3-12
任意のオブジェクトやアクターにプロップをリンク & リンク解除できます。キャラクターに SFX をリンクさせて、喜びや嫌悪などの表情を作り出しましょう。

マルチレイヤー&ビジュアルエフェクト
CrazyTalk Animator 3-13
画像レイヤー、プロップ、背景画像などから構成されているシーン中では、レイヤーをグループ化して、ワンクリックでシーン内のアイテムを交換することができます。単一のアイテム編集中に、データをグループ & グループ解除することもできます。透過レイヤーを使用してライティング効果、ゴッドレイやスポットライト効果をつけられます。

完璧な2Dアニメーション環境
CrazyTalk Animator 3-14
メインのステージングウィンドウ、タイムラインが下部に、コンテンツマネージャが右側にタブで配置されています。これらのタブでは、コンテンツマネージャのウィンドウが、探しているコンテンツのタイプ(プロジェクト、アクタ、アニメーション、シーン、SFX)に合わせて変更されます。

コンテンツマネージメントシステム
アクター、アニメーション、シーン、特殊効果のためのフル編集環境、それぞれに対応するコンテンツライブラリがあります。

3Dカメラシステム
CrazyTalk Animator 3-15
プレビューカメラを使用してシーンを確認し、ライブカメラを使用してキーフレームでカメラの位置をアニメーションします。

ベクターベースコンテンツのためのレンダリングスタイル
さまざまなプロジェクトシナリオに合わせてシーンのスタイルを即座に変更できます。

マルチトラック選択 & 編集
CrazyTalk Animator 3-16
高速グループ編集のためにオブジェクトとその補助トラックを選択します。
コピー&ペースト、タイムシフト、タイムスケール調整を複数の要素トラックに適用できます。

プロップのアニメ化
CrazyTalk Animator 3-17
ブレンド効果を用いた、透明度、変換、視認性、リンク、パスアニメーション、デフォーメーション変形、スプライトスイッチ、フリップなどのキーフレーム編集ができます。

一般的な画像や動画にエクスポート
・最大4Kの動画&画像出力解像度
・透過PNGやアニメーションGIFをエクスポート
・映像合成用にアルファチャンネル付き画像シーケンス(TargaまたはPNG)をエクスポート
・Macと3D合成用に透過動画をエクスポート
  -MOV(ProRES 4444) - Mac バージョンのみ
  -popVideo3 - PC バージョンのみ
・コンバージェンス距離を備えた3Dステレオ出力

Pipeline版限定機能
弾性モーション効果の共有
CrazyTalk Animator 3-18
独自のキーフレームアニメーションを他のデザイナーと再利用または共有ができます。

PSD データのインポート
CrazyTalk Animator 3-19
Photoshopで作成したキャラクターをCrazyTalk Animator 3に直接変換して使用できます。

3D モーションをインポート
CrazyTalk Animator 3-20
外部ソースから 3D モーションをインポートして、2D キャラクターに適用できます。

ベクターコンテンツのカラー互換
CrazyTalk Animator 3-21
複数のパーツを選択し、異なるカラーグループでそれらを分類して、ボディパーツを同じカラータグに揃えることができます。カラーマッピングが完了したら、キャラクターのカラースタイルをデザイントーンに合わせて即座に変更できます。

Pipeline版だけの特典
CrazyTalk Animator 3 Pipelineをご購入の方には、特典としてPSDファイル形式の素材サンプルをダウンロードいただけます。

ソースネクスト標準価格29990円→特別価格8990円
CrazyTalkAnimator3Pipeline.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185499777

この記事へのトラックバック